月別アーカイブ: 2016年8月

25歳のとき

私が結婚相談所を利用し始めたのは、25歳のときです。

恐らく男性としては早い方だと思います。

私は中学・高校と男子校出身だった上に、大学は理系で学部の9割近くが男性でした。

おかげで女性との交際どころか女性の友人すらほとんどいない青春時代を過ごしていました。

就職した会社も技術系だったこともあり周りはほぼ男性で、女性は事務などの違う部署にいるだけの環境でした。

そんな状況でしたので女性との出会いなどほとんどありませんでした。

ずっと男だらけの生活をしていたせいもあり、たまに女性を紹介されてもまずどう接していいのか分からず、うまくいきませんでした。

しかし、私は子どもを持って父親になって温かい家庭を築きたいという願望は強い方でした。

このままじゃ結婚どころか女性との交際すら難しいと感じて、勇気を出して結婚相談所を訪れました。

結婚相談所のスタッフの方は、みな丁寧な接客態度で親身に相談に乗ってくれました。

おかげで安心して契約をすることができました。

まず理想とする結婚相手の条件に合った相手とお会いするマッチングを使って、初めて女性とお会いしました。

女性と話すことがあまり得意ではない私は、不安や緊張をすごく感じていました。

しかしスタッフの方がそんな私の気持ちを汲み取ってくださって、様々なアドバイスをしてくれました。

おかげで固まることもなく、紹介された女性と打ち解けて話すことができました。

初対面の女性とそれだけ話せたのは初めてで、スタッフの方の支えがあったからこそだと思います。

残念ながらその女性とはうまくいきませんでしたが、女性とちゃんと二人で話せたということが自信につながりました。

その後大人数なことも影響して二の足を踏んでいた婚活パーティーにも足を運ぶようになりました。

婚活パーティーにも様々な種類がありました。

なんばに住んでいることもあって、本当に豊富なパーティーの数々でした。

そのなかでとある趣味を持つ方のパーティーに出席しそこで出会った女性と結婚することができました。